自分で

整形してまで小顔になるべきなのか

小顔になりたいと思っても、ダイエットと違い顔はなかなか小さくならないものです。
痩せても顔だけ大きいと悩んでいる人がいます。
今は、小さな顔の人のほうが美しいと言われ、大きな顔の人はますますコンプレックスに感じてしいます。
整形で小顔になる方法があります。
ボトックスといって、注射によるもの、また、えらそのものを小さくする、えらを削る整形などがあります。
いずれにせよ、顔に施術をするということは、相当な負担になることを良く考えなければなりません。
ボトックスなどは一度の費用は数万と安くても、長く続けないと意味がないものです。
辞めればまた元通りになります。
数十万と顔に費用をかけ続けることができるものでしょうか。

顔は、努力次第で小さくすることは可能

整形を考える前に、自分の努力で顔を小さくすることを考えてみてください。
顔が大きいと悩んでいる人は、顔のむくみによるものであることも多いのです。
顔は、これまでは小さくならない、と思われがちでしたが、この、むくみをとる小顔マッサージなどの方法を試せば、顔は小顔に近づいてきます。
また、顔を良く動かす、口を大きく開けたり閉めたりすることも効果的です。
普段、あまり顔を動かさず、パソコンの前ばかりで仕事しているような人はこの方法をおススメします。
歩いていると足もスッキリ細くなってきますね。
それと同じように顔も動かしてあげることがポイントです。
マッサージしたら、リンパを首筋に流すようにしましょう。
この方法は、時間がかかるかもしれませんが、毎日続けると確実に効果が出てきます。