ファッションでカバー

勉強すれば改善可能

小顔の方法は、自分自身の生まれ持ったものだと諦めるのではなく、自分の努力で改善できる部分だということにいかに早く気づくことができるのか、という点が重要な分岐点です。
たしかに、輪郭や骨格は骨の問題で、自分自身の努力が及ばない場所のように思えます。ですが、そう思い込んでしまうからコンプレックスとしていつまでも思い悩まなくてはならないという負の連鎖に陥ります。
ここで重要なのは、自分で小顔を手に入れるための方法はないのか、真剣に考えてみて色々と実践してみることです。
そして、そのためにはファッションによるアプローチでカバーすることができると気づけるはずです。体型をカバーできるファッションがあるように、小顔にカバーできる方法のファッションもあります。
その手法をどれだけ知っているかが大切で、勉強することで改善可能な分野が顔のサイズについての悩みです。そこに気づけるかどうかも、小顔を手に入れる方法を習得できるかの分岐点です。

小物を上手に活用

ファッションは服を買うだけが全てではなく、身の回りに散らばっている小物を積極的に取り入れることでもっとお洒落になれるということを、小顔達成の方法として知るべきです。
顔のサイズがどうしても気になるなら、顔を直視させなければ良いという発想に至ることが必要です。
例えば、サングラスを活用することによって輪郭よりもサングラスに目が行くという効果を手に入れることができます。サングラスの印象があるため、周りの人は自分の顔が大きいということにはなかなか気づきません。
また、スカーフやネクタイなどの首周りに使える小物を積極的に取り入れてこだわることも有効です。首元に目が行くことも、輪郭よりも全体像を捉えてくれて、小顔に見せる魔法をかけられるからです。